ニュージーランド<New Zealand/NZ>の新しい個人旅行、ロングステイ、英会話を提案する日本人B&B
有機生活庵「あいむ・ほーむ」、ニュージーランドのスローリビングを体験できるB&B
 HOME> WWOOF & 英会話楽習宿
  ホーム スローリビング(有機生活) 宿泊施設と料金 ネルソン・タスマン地区 私たちのこと ブログ 竹炭のこと

ニュージーランドでウーファーをしながら英語とライフスタイルを学ぼう
―BB&D有機生活庵「アイム・ホーム」だけにしかできないニュージーランド体験を提供します。―
WWOOF&英会話楽習宿


私たちのB&B有機生活庵「あいむ・ほーむ」の新しいプログラムです。「英会話楽習宿」の4泊プログラムの後、周辺にある有機生活体験でステイができるユニークなプロフラムです。コストは、英会話楽習宿の分だけ。あとは、ウーファーで無料滞在ができます。滞在期間や場所は、そのときの状況次第で、長期滞在も可能になります。滞在場所は、私たちのB&B周辺にある友人のファームですから安心です。あなたの興味でお好きな場所を選んでください。複数選択も可能です。それぞれの場所については、下の情報を参考にしてください。このプログラムに興味がある方は、メールフォームまたはご自分のメールから気軽にお問い合わせください。
メールフォームはこちら。
完全自給自足を営むスイス人ファミリー


私たちのB&Bがあるナティモティ(NGATIMOTI)は、ユニークなライフスタイルを送る人が数多く住み、人種もさまざまなインターナショナルな所です。ここは、スイス人ファミリーのシローさん、ラニさん夫婦と息子のシラス、娘のアーラの4人家族。60ヘクタールの敷地に無数の果物の木と無農薬菜園があります。電気も水車で起こし、粉ひきもし、ほぼ完全自給自足と言えます。ウーファー仲間では有名なところで、シーズンには、常時10人〜20人のウーファーが滞在します。
ニュージーランドで一番古いコミュニティ「リバーサイド」


「リバーサイド」は、ニュージーランドで最も古く、地元でも有名なコミュニティです。コミュニティというのは、みんなが共同生活をし、収入や財産を共有するものです。それぞれ能力などに応じて、コミュニティ内で労働を提供します。リバーサイドが経営するカフェは、地元の人達にも人気があり、私たちもよく利用します。コミュニティ・ホールでは、セミナーやワークショップも行われ、地元の人たちとのコミュニケーションの場となっています。
水晶の巨大な岩があるファームのドイツ人夫婦


同じナティモティにあり、地元の人には、よく知られているところで、山の頂上に大きな水晶の岩があることから、「ホワイト・ロック」の名で呼ばれているところです。ここは、ドイツ人の夫婦、ピーターとマハティールドがホスト。牛や羊のいるファームです。自家菜園の野菜を食べ、パンを焼き、サラミやチーズも自分で作るという自給自足を目指している人たちです。
オーガニック野菜でベジタリアン生活を提供するB&B


オーガニックの野菜を育て、ヤギや鶏と暮らすファームです。ここは、ベジタリアンB&Bですが、ウーファーもとっています。ホストのグルバティとハリデバは、ニュージーランド人ですが、これは、ヨギ名で、今は二人とも本名を使っていません。モトゥエカ川のほとりにある美しいB&Bです。
WWOOFとは?
WWOOFは、Willing Workers On Organic Farmの略で、ファームなどで働き、その代償として宿泊と食事が提供されるというプログラムで、世界中にその組織があります。WWOOFを利用したい場合は、WWOOFのメンバーになり、ファームステイの情報を得ることができます。WWOOFをする人たちをウーファーといいます。ワーキングホリデー(ワーホリ)の人たちにもよく利用されています。有機生活庵「あいむ・ほーむ」のプログラムでは、私たちの友人のファームを紹介しますので、WWOOFに入会する必要はありません。
英会話楽習宿
英会話楽習宿は、4泊または5泊で英会話学ぶことができる有機生活庵「あいむ・ほーむ」のプログラムです。英会話楽習宿の詳しい内容を知りたい方は、上のバナーをクリック。
OEについて
OEは、Overseas Experience、つまり海外体験のことで、ニュージーランドだけでなく世界では、よく行われているものです。学校教育や就職中の期間に、一時海外に行って、経験を広げようとするプランです。ワーキングホリデー(ワーホリ)を有効に過ごすにもいいプログラムです。OEについて関心がある方は、上のバナーをクリック。
WWOOFを有意義に過ごすために
ワーキングホリデーやWWOOFを有意義に過ごすために、一番重要なものは、やはり英会話ではないでしょうか。ウーフをする前に「英会話楽習宿」を受けることで、少しでもコミュニケーションができるようにアドバイスできます。もちろん3日間で急に英語が話せるわけではありませんので、それまでの勉強が大事です。早めにお申し込みをいただければ、日本でも英会話練習もアドバイスさせていただきます。